MENU

痛みで神経痛を特定する!

ここは、

 

神経痛の専門情報サイトになります。

 

 

腕、足、頭、耳の後ろ、顔、首、心臓、肋骨。。。

 

ひとえに神経痛と言っても、様々なものがあります。

 

まずは、ご自分に該当する症状から、疾患名の検討をつけるところから始めましょう。

 

しっかりした情報を得ることが、適切な治療法に辿り着く最短距離となります。

スポンサード リンク

 

神経痛の疑問・質問テーマ一覧

当サイトでは、以下の様な疑問・質問・悩み・症状について記事を更新して参ります。

痛みから自分の神経痛を見つける

 

【追加記事】

 

【更新予定のテーマ】

  • ピクピク痛い
  • 昔の怪我部分がチクチクする
  • 寒さで痛む
  • 神経痛って、治らないの??
  • 若者でもなるの?
  • 痛風との違いとは?
  • 末梢神経との関連性
  • 温泉が良いのは、なぜ?
  • なぜ、夜に症状が悪化するのか
  • 痛み止めを飲んでも効果がない
  • 薬を飲まないで、痛みを抑える方法はあるの?
  • 自律神経との関係性

 

 

以上の事柄をテーマに専門ライターが記事を更新して参ります。

 

原因や疾患名の見当がつかないというのは、とても不安です。

 

その不安が心因性の痛みを生み出してしまう可能性もあります。

 

あくまで、治療の方向性を決めるのは医師であり、あなたですが、
そこに行き着くまでが、難しいものでもあります。

 

当サイトの記事が、安心できる治療法、安心できる行動の指針になれることを祈っております。

スポンサード リンク

 

そもそも神経痛とは

一口に神経痛と言ってもその種類は様々あり、症状もそれぞれ違うとされています。

 

そこで、種類や原因、治療法や治療費などについて考えてみましょう。

神経痛の種類

 

どの部位に痛みが出るかによっても痛みの原因が異なるとされていますが、
何らかの理由によって末梢神経が傷つけられたり神経を圧迫してしまうことで痛みがあらわれることを指します。

 

三叉神経痛

血管が動脈硬化などによって膨張し脳幹部を圧迫することで顔面に激痛が走る三叉神経痛は、
代謝異常や膠原病、帯状疱疹の後遺症などが原因で起こるとされています。
>>三叉神経痛をもっと詳しく知る

 

肋間神経痛

主に背中や体の側面に激痛が走る痛みです。

肋間神経痛の原因

椎間板ヘルニア事故による圧迫や骨折、ヘルペスウィルスによるものや病気によるものなど様々です。

 

ビタミン不足やストレスによっても起こるとされているので思い当たりがない場合にはそれを原因として疑ってみるのも良いでしょう。
>>肋間神経痛をもっと詳しく知る

 

その他にも、

  • 坐骨神経痛カウザルジア
  • 視床痛
  • 心因性疼痛
など様々な種類があり、原因はそれぞれ症状によって異なるとされています。

神経痛の治療方法

 

前述した通り、原因や痛みが出る箇所が変われば
その治療法も異なってきますのでまずは三叉神経痛の治療法を例に考えてみましょう。

 

治療方法としては
薬物療法、神経ブロック、外科手術などが挙げられますが
基本的には抗てんかん薬であるカルバマゼピンを用いての治療になります。

 

 

この薬は量が多いとふらつくことがあり、
場合によって症状が改善されない場合には医師に相談して他の治療法を行うのが良いとされています。

 

神経痛の治療費用

薬物療法の場合は保険適用が可能ですので3割負担で1600円程度とされています。

 

神経ブロック、

レントゲン透視装置などの高度な機械を使用する場合も保険適用の3割負担で4000〜6000円程度です。

 

外科的両方

110万円の3割負担ですので33万円になりますが高額療養費制度が適応されると自己負担額を超えた場合には払い戻しされますがほとんどの場合実際の負担の上限は10万円以上を超えることはないとされています。

 

薬物療法による疫痛管理が困難であると判断された場合にはガンマナイフ治療を行うこともあります。

 

ガンマナイフ治療

γ線を用いてもしメガネの一点集中のように病巣部だけに集中的に照射して治療を行っていく方法で、検査料や薬剤、駐車料によっても負担額は変化しますが、保険適用ができた上で20〜26万円程度かかるとされています。

 

神経痛の検査と診断方法

 

まずは外来で診察しいつから痛みが発症しているのか、
あるいは治療を行っているのかなど症状に至るまでの現在の経過を医師に伝え、
それをもとに医師が診断し、それに見合った治療を行っていきます。

 

 

例えば坐骨神経痛の診断では
診察台の上にあおむけで寝てもらい、片足を上に持ち上げます。

 

このときに痛みが起きれば坐骨神経痛の可能性が高いです。

 

 

診断を確定するためには、レントゲンやMRI、CT、筋電図などが行われることもあるし、
他の疾患との鑑別のために採血をして検査をすることや尿検査を行うこともあります。

 

大きめの病院では
MRIを使用してまずは画像検査を行い、腫瘍などがないかどうか事細かく調べていきます。

 

 

その後、耳鼻科的検査を行いますが、
三叉神経の周囲には聴神経や運動神経、顔面神経など需要な神経が集中していますので

 

診断により手術となった場合にはその周辺の部位の神経を検査していくのです。

 

 

その他には、全身麻酔などをかけても問題がないかどうか循環器的検査も行い、
問題がないようであれば治療を初めて行きます。

 

 

医師の診察を受けたからと言っていきなり手術になるということはまずないと思われます。

 

 

このように、神経痛には様々な種類がありまた原因や治療法もそれぞれ異なり、
症状を悪化させないためにも早期発見・早期治療が何よりも望ましいと言えますので、

 

体に異変を感じた場合には早急に医療機関に受診するように心がけましょう。

神経痛の診断方法〜自分でチェックする方法

神経痛による痛みには特徴があるため、ある程度は自分でチェックすることも可能です。

 

神経痛を自分でチェックする方法とはどのようなものでしょうか?

 

簡単な、質問に答えるだけで、およその判断にはなります。

 

次の7つの質問に、全くない、少しある、ある、強くある、非常に強くあるの5段階で判断して答えてください。

 

1問目
針で刺されたような痛みはありますか

 

2問目
電気が走るような痛みはありますか

 

3問目
焼けるようなひりひりする痛みがありますか

 

4問目
しびれの強い痛みはありますか

 

5問目
衣服が擦れたり冷風が当たっただけでも痛いことがありますか

 

6問目
痛みの部位の感覚が鈍くなっていたり逆に過敏になっていたりしますか

 

7問目
痛みの部位の皮膚がむけたり、赤や赤紫に変色していますか

 

全7問に答えて、
全くないが1点、少しあるが2点、あるが3点、強くあるが4点、非常に強くあるが5点で計算して合計点を出しましょう。

 

 

10点以上の場合は、神経痛の可能性があります。
合計点が10点までの場合は可能性は低いですが、気になる症状がある場合は受診しましょう。

何科を受診すればいい?

 

肋間神経痛や坐骨神経痛の場合は整形外科です。

 

動かすと痛い場合は整形外科で良いでしょう。

 

帯状疱疹後の神経痛は内科を受診してください。

 

神経痛を扱う診療科は、整形外科、神経内科、脳神経外科、内科があります。

 

また神経痛による慢性疼痛を治療するペインクリニック(麻酔科)という診療科もあります。

神経痛に良い食べ物〜意識的に摂取スべき成分

ここでは主に神経痛に体の内側から効果的な食べものや
その摂取スべき栄養成分について追及していきます。

 

神経痛に効果的な食べ物では
主に血行促進効果が期待できる食べ物に注目すべきです。

 

 

そもそも血行が悪くなることで痛みにもつながる神経痛では、
血行の促進改善が最も大きな鍵を握っています。

 

ビタミンAビタミンCは緑黄色野菜に多く含まれます。
血行促進に役だちます。

 

またEPAの成分やDHAの成分も同様の効果を得ることができます。

 

EPAの成分やDHAの成分は青魚に主に含まれています。

 

 

ゴマやナッツ類の摂取も積極的に取り入れることをおすすめするのはビタミンEの栄養素があるからです。
ビタミンEも血流の改善を促してくれる働きがあります。

 

末梢神経の傷を修復する作用がある食べ物も良い

末梢神経の傷を修復する作用があるものも神経痛に効果的に作用します。

 

ビタミンB12の栄養素が当てはまります。
貝類ではしじみや牡蠣、あさりなどがあります。

 

またEPAやDHAであげた青魚も当てはまりいわしやサンマ、にしんなども代表的です。

 

タラコやいくらも挙げられます。
肉類では豚や鶏、牛やレバーです。

 

効果的に摂取する方法

さまざまな調理法で頂くことができます。

 

その際には体を温める作用のある
ショウガやネギ、ニンニクも積極的に調理に取り入れることがおすすめです。

 

摂取スべき栄養成分

次に、神経痛に悩まされる部位や症状に違いがある場合
摂取スべき栄養成分をあげます。

 

痛みを伴うリウマチなどの神経痛にはビタミンEを意識します。

 

ゴマやナッツ類を挙げたようにビタミンEが豊富に含まれるピーナッツやアーモンドが良い働きをしてくれます。

 

 

外部の環境、寒さや湿気の影響を受け神経痛が足や腰に生じる場合はビタミンB1の栄養素です。
ビタミンB1が神経機能を正常の保つ働きをしてくれます。

 

この栄養素を摂取するのに豆乳の飲み物が最適で役立ってくれます。

 

 

神経痛の症状に対し鎮静作用を与えてくれるのはハチミツです。

 

ミネラルを豊富に含みマグネシウムの栄養をもあります。
マグネシウムには神経痛に効果を示す鎮静作用になります。

 

 

そのほかビタミンや葉酸カリウム、カルシウムなど栄養の宝庫です。
消化吸収が早く、太りにくい糖分でもあります。

 

薬だけに頼らず普段の日常生活の食事からも
神経痛に効果的な食べ物や飲み物、調味料を意識して取り入れることが改善の手助けとなります。

 

 

食品から予防や改善に努め内側からのアプローチを
積極的に行うことでその効果を実感することができる期待がもてます。

 

>>あの【第3類<神経痛>医薬品]リョウシンJV錠】が1900円キャンペーン中
※リョウシンJV錠は公式通販サイトのみの販売となります。

 

 

スポンサード リンク

 



<プライバシーポリシー>

当サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。

 

個人情報の取り扱いについては下記の通りになります。
下記のことから個人情報の漏えいや、電話、手紙などのセールスなどは一切ありません。

 

・広告配信プロセスの中でデータを収集するために、
Cookieやウェブビーコンを使用しています。
・収集したデータは、情報収集目的のみです。
それ以外の使用はありません。

 

もし、第三者(Google Adsense社)へのデータ送信を拒否したい場合、お手数ではありますが
ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスして頂きますようお願い致します。

 

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧頂きますよう。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html